ここでは自己責任

狭い月極駐車場内では、事故も起こります。
この場合、普通の事故と同じ扱いになり、警察や保険会社に連絡をするとともに、月極駐車場の連絡先にも、きちんと伝えましょう。

お互い動いている車の時には、被害者・加害者が揃っていることになりますが、時には止まっている自動車に、駐車などをする時にぶつけてしまうこともあります。
そんな時には、被害者に連絡をとって、対処してください。
どう考えても加害者が悪いことですので、人身事故ではないですから、物損事故になります。
その修理についての話を被害者と行うことになります。

この時には、月極駐車場の出る幕ではありません。
月極駐車場は、各自がオーナーになり、事故などの責任は負わないことになります。
ただし、駐車場の備品などが自動車にぶつかったりした時は、月極駐車場のオーナーの責任になりますから、事故とは別の話になります。
自動車の衝突や接触に関しては、各自が責任をもつことになります。

そして、月極駐車場内であっても、警察や保険会社による実況見分と状態の確認を行うことになります。
この時に人身事故になった場合も同じ対応になります。
ここで揉め事になることもあります。

道路での事故で揉め事になったとしても、それぞれが帰宅したら顔を合わせずに住むことですが、月極駐車場の場合、居住地域であることから、毎日顔を合わす場合が多いです。
やりきれない部分もありますが、過失割合などで厳しく決めることで、ビジネスライクの対応になりますが、もめた場合は同じ月極駐車場を使用するのは嫌なものでしょう。



■厳選リンク
居住地域の近くの月極駐車場の空きを検索できるサービスです →→→ 月極駐車場 空き